11月某日 やんじい(北海道ローカルの話です)


やんじいこと山口幸雄さんは、東北震災以来、今日まで8ヶ月間被災地で炊き出しボランティアを継続している偉人です。7月に大槌へボランティアで行ったグループのフォローアップ研修で、千歳にある「そなえーる」で災害対応トレーニングと、やんじいによる炊き出し実習に参加してきました。震度1から阪神淡路大震災まで実感したり(写真中左)、炊き出し一式と生活道具を満載したやんじいの車とやんじい(写真中右)、小雪の舞う中炊飯と、豚汁調理の実習(写真右)。1回50人分を調理する技を目の当たりにしました。大事なのは被災地の多くがいまだに炊き出しを必要としていることと、私財をはたき、寝泊りも車の中で頑張り続けるやんじいとその奥さんの存在です。奥さん山口エリさんはブログで大人気のアグネスと同一人物であることを初めて知りました。

お問い合わせ

TEL:  011-737-9162

FAX: 011-788-6283 

9:00 ~18:00(月〜金)

メールでのお問い合わせは

こちら